【5/31・ドミューンで生放送3時間】古代と現代を極めた天才・黛敏郎。電子音楽特集もあり「日本の音楽家を知るシリーズ」の「黛敏郎」出版記念として5月31日にネット放送、Dommuneへ出演

投稿日:

【5/31・ドミューンで生放送3時間】古代と現代を極めた天才・黛敏郎
スリーシェルズの西耕一は5/25に発売された「日本の音楽家を知るシリーズ」の「黛敏郎」出版記念として5月31日にネット放送、Dommuneへ出演する。
戦後の現代音楽界で特に異彩を放った天才作曲家 黛敏郎(まゆずみ・としろう)。
お寺の鐘を音響解析してオーケストラを3分割してホールを音で満たすカンパノロジーの人。
日本初の電子音楽や三島由紀夫とのコラボレーション、大阪万博での音楽プロデューサーなど様々な活動が知られるが一般の音楽ファンには、日本テレビでプロレスや野球の番組放送とき使われる「スポーツ行進曲」や「題名のない音楽会」の司会者などを思いだすかもしれない。
しかし、それだけではないのだ。
音楽ファンなら知らねばならない傑作、知られざる傑作など、マユズミサウンドの美学や音響探求の軌跡を様々な方向から話す。
電子音楽ファン、映画音楽、シネジャズ、音楽マニア必聴の3時間生放送!。