今川義元公は、“公家かぶれのまろ”ではありません! 今川義元公生誕500年祭事業「今川復権まつり」開催 5月3日(金・祝)~6日(月・休)/駿府城公園

投稿日:

静岡市では、駿府繁栄の礎を築いた戦国大名・今川義元公の生誕500年祭事業の一環として「今川復権まつり」を、5月3日(金・祝)~6日(月・休)の期間、駿府城公園で開催する。
今川義元公(1519~1560年)は、桶狭間の戦い(1560年)で織田信長に敗れて以来、公家かぶれの“まろ”と弱々しいイメージが定着しているが、実際は戦国時代に静岡(駿河国)から愛知(三河国)に至るまでの広い領土を治めていた大名で、東海道で最も強い武将として「海道一の弓取り」とも呼ばれていた。
「今川復権まつり」は、今川義元公生誕五百年祭推進委員会が行う「今川義元公生誕500年祭」のひとつで、今川時代から続く様々な文化・伝統などを学ぶことができる。

ヨシモト∞ホールのランキングシステムがリニューアル、スリム化&新クラス

投稿日:

10年目以下の芸人をファーストクラス、セカンドクラス、サードクラス、トライアルクラスの4つのクラスに分け、定期的に行う入れ替え戦でステップアップを図っているヨシモト∞ホール。このリニューアルで、セカンドクラスを30組、サードクラスを40組、トライアルクラスを100組へと絞り、さらに新クラスとしてファームクラスを設けることに。なおトライアルクラスとファームクラスのメンバーはヨシモト∞ドームを拠点に腕を磨く。

“江戸長屋”で暮らす50匹の保護猫の里親探し  江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が里親募集を強化

投稿日:

江戸ねこ茶屋製作委員会は、JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」(東京都墨田区)で開催中の江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」において里親募集を強化し、その第一弾として「#江戸ねこ茶屋里親募集中」キャンペーンを11月9日(金)から開始しました。会期終了までに会場で暮らす50匹の保護猫の里親を見つけることを目指し、今後も様々な施策も行っていきます。なお、同イベントは好評につき会期を延長し、来年1月27日(日)まで開催します。

宮崎県小林市が人気ゲームとコラボし、「シムシティ課」を設立! 人気ゲーム『シムシティ ビルドイット』を通した、 地元高校生が参加するまちづくりワークショップの展開に小林市長も期待

投稿日:

宮崎県小林市(市長:宮原 義久)は、エレクトロニック・アーツ社(本社:東京都、代表取締役社長:ルーカス・オリバーフロスト、[NASDAQ:EA])とコラボして、『SimCity(TM) BuildIt/シムシティ ビルドイット(以下:シムシティ ビルドイット)』を通した高校生とのまちづくりワークショップを進める「シムシティ課」の設立を発表しました。