「みんなの拍手は宝物」MACO、涙溢れる感動のツアーファイナル!「We Promised.〜Acoustic & Pop〜Final」 そして、夏の恒例イベント「Miss You Summer」が、Billboard Liveにて2年振りの開催

シンガ―ソングライターMACOのアルバム「We Promised.」全国ツアーの最終公演「MACO We Promised.〜Acoustic & Pop〜Final」が5月29日に大盛況の中で幕を閉じた。本ツアーは5月1日の東京・日経ホールを皮切りに、兵庫、北海道、愛知、福岡と全国5か所で開催され、同じく東京・日経ホールで最終日を迎えた。ツアーは1部がアコースティックアレンジ、2部がポップスアレンジと2部構成になる。

花に包まれたスカートで登場したオープニングは、アルバムの代表曲でもある「Promised.」をアカペラからスタートし、会場を一瞬でMACOの世界に引き込んだ。続く、2曲目3曲目は「恋蛍」、「運命」。両楽曲もアルバムに収録されており、MACOらしいラブソングになる。3曲連続で歌い終わったあと、「緊張したー。」とMCを挟み、会場を和ませた。続く楽曲は「存在」「桜の木の下」。「桜の木の下」はABEMAのドラマ『僕だけが17歳の世界で』の挿入歌として起用され、このドラマをきっかけにMACOを知った方も少なくないほどの代表曲の一つ。続く楽曲はアルバム収録曲でもある「春一番」。綺麗なアコースティックギターの音色が印象的な楽曲はラブソングではなく卒業という事をテーマに出会いと別れを綴ったMACOとしても挑戦した楽曲だ。その後「7月7日の今夜」「アマオト」と連続で披露し「再恋愛」で前半1部を締めた。

衣装チェンジした2部は前半のイメージをガラッと変えたスタイルで登場。拍手の中、迎えられたMACOはアルバムの中で特にファン人気が高い「運命共同体」「lonely」を続けて披露。オリジナルと同じ表現性を届けたいというMACOの想いのもと、オートチューンを用いてそのまま「NATURAL LOVE」「We Gonna Be Happy」と続けて歌唱した。MCを挟み「夏風邪」「タイムリミット」「交換日記」の3曲を披露。その後はバラード2曲「手紙」そして、アルバムの中でファンの中では”エンラブ”と呼ばれて非常に愛されている「End Love?」を続けて披露し、涙するファンを見受けるほど熱いフォーマンスだった。本編の最後は「これは君への最初のラブレター」をツアーアレンジバージョンで熱唱。「あー、終わっちゃった」とツアー最後を惜しみながら、会場を幸せな気持ちで包み込んだ。アンコールでは、「MACOファンのみんなが普段はLOVEを歌いながらアンコールをしてくれるから、今回は私がLOVEを歌ってみんなの元へ行きました」と、ステージ袖で歌唱し、ライブアレンジでそのまま「LOVE MYSELF」をパフォーマンス。歌唱中には、感極まり涙するシーンも。「みんなの拍手は宝物」「みんなの笑顔は宝物」と最後はファンのために書いた「愛」を歌唱し、約1か月全国6公演に幕を閉じた。

最後に「MACOからのサプライズ発表があります」と、毎年夏に開催していた「Miss You Summer」を今夏はBillboard Liveとタッグを組み横浜・大阪の2か所にて開催することを発表。フルバンド編成でのスペシャルな夏のイベント、2022年はまだまだMACOのライブを楽しめる夏になりそうだ。

そして、オールスタンディングでの盛大な拍手の中、ステージをあとにした。
(※写真は5月1日の公演のものになります。)

MACO 5thAlbum「We Promsed.」
https://smr.lnk.to/MACOALWN

「MACO Miss You Summer 2022」
【開催日時】

■2022年7月31日(日)大阪(1日2回公演)
[1st] 開場15:30 開演16:30 [2nd] 開場18:30 開演19:30

■2022年8月13日(土)横浜(1日2回公演)
[1st] 開場15:30 開演16:30 [2nd] 開場18:30 開演19:30

【会場】 Billboard Live 大阪・横浜
【チケット料金】
サービスエリア  ¥7,500
カジュアルエリア ¥6,500(1ドリンク付)
※ご飲食代は別途精算となります。

BUZZ CURATION

Posted by 管理