興奮度MAX!! ジョージ・ミラー監督が構想20年を費やし完成させた新たなカーアクション映画の金字塔『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がdTVで配信スタート!

アカデミー賞6部門受賞の快挙を遂げ、世界中を熱狂させた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が映像配信サービスdTVで配信スタートいたしました。

終末的な世界で繰り広げられる壮絶なサバイバル・バトルを描いた、ジョージ・ミラー監督、メル・ギブソン主演の『マッドマックス』シリーズ。『マッドマックス』(`79)、『マッドマックス2』(`81)、『マッドマックス/サンダードーム』(`85)から30年ぶりとなる第4弾のメガホンを取ったのは、シリーズの創始者であり、すべての監督と脚本を務めるジョージ・ミラー。過去作でメル・ギブソンが演じた主人公マックス役は、『ダークナイト ライジング』(’12)で悪役ベインを演じたトム・ハーディにバトンタッチされた。マックスと共闘する女戦士フュリオサを『モンスター』(’03)でアカデミー主演女優賞を受賞したシャーリーズ・セロンが演じる。

文明が崩壊し、残された人類が暮らす砂漠と化した世界。その荒涼とした砂漠をカスタム・マシンの数々が暴走し、想像を超えたカーアクションバトルが繰り広げられる。巨大な鉄のクジラを思わせるようなタンクローリーや、ハリネズミのような鉄のトゲに覆われた車などが猛スピードで駆け抜けるさまは圧巻。さらに、巨大なスピーカーを積んだマシンや荷台に巨大な太鼓を積んで叩きながら併走するダンプなど、こんなのあり!?というようなものまで登場。

度肝を抜くアクションと、マックス、フュリオサら登場人物の人間ドラマを堪能できる最高傑作だ。

本作は、第88回アカデミー賞®において、編集、美術、衣装デザイン、音響編集、録音、メイクアップ&ヘアスタイリングの合計6部門で受賞を果たし、同年度の受賞数最多作品となった。

■『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

~作品概要~

文明社会が壊滅し荒廃した近未来。愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)はイモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)が支配するシタデルという砦に捕らわれていた。そんな彼の前に、暴力による支配から自由を求めるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)が現れる。マックスは彼らと共に、奴隷として捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。しかしジョーは配下の戦闘集団ウォーボーイズを引き連れ、友好関係にある人食い男爵と武器将軍の勢力を援軍に、マックスとフュリオサたちを激しく追ってくる。生き残りを懸けた壮絶な戦いが砂漠の地で始まった!

作品URL:https://bit.ly/36wJMea

コピーライト:© Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and  Ratpac-Dune Entertainment LLC

BUZZ CURATION

Posted by 管理