「北欧、暮らしの道具店」、『青葉家のテーブル』松本壮史監督MV公開。小田朋美『万葉 feat. TENDRE』にのせて、コロナ下で過ごすカップルの日常を描く。

ライフカルチャープラットフォーム「北欧、暮らしの道具店」において、雑貨や衣類などの開発・販売、メディア運営などを行う株式会社クラシコム(本社:東京都国立市、代表取締役:青木耕平、以下「当社」)は、3月30日(水)21時に「北欧、暮らしの道具店」公式YouTubeチャンネルにて、松本壮史監督による小田朋美の最新曲『万葉 feat. TENDRE』(レーベル:GRANDFUNK INC. 3月31日(木)0時に配信開始)のミュージックビデオを公開いたしました。

松本壮史監督×「北欧、暮らしの道具店」コロナ下で過ごすカップルの日常

「北欧、暮らしの道具店」では、「フィットする暮らし、つくろう。」をテーマに、暮らしにまつわるアイテムを販売するとともに、コラム・動画・ポッドキャストなど様々なコンテンツを配信しています。今回は2021年に公開されたアニメーションMV『リヴィングライフ』に次ぐ2作目のミュージックビデオ公開となります。

本作で描かれるのはコロナ下で過ごすカップルの日常。流れる季節に合わせて、果実酒を漬け、恵方巻を食べ、時に喧嘩もしながらも、コーヒーを淹れて朝ごはんを食べるふつうの日々。思うようにならない状況でも、等身大の日常を楽しむ二人の姿が描かれます。そして、やがてコロナが収束し、友人たちが集まる希望あふれる場面がエンディングとなります。

本作は2021年に『青葉家のテーブル』(「北欧、暮らしの道具店」製作)『サマーフィルムにのって』という2本の監督作品が公開され、2021 TAMA映画賞受賞 最優秀新進監督賞を受賞した松本壮史監督が手掛け、同じく2021年に松本監督で制作されたドラマ『お耳に合いましたら。』(テレビ東京)のメインキャストとして出演した鈴木仁(スズキ ジン)『映像研には手を出すな!』『うきわ』など話題作に出演している小西桜子(コニシ サクラコ)さんがカップル役で出演しています。

楽曲は、「北欧、暮らしの道具店」のオリジナルドラマ『青葉家のテーブル』にて音楽を担当した小田朋美(オダ トモミ)による『万葉 feat. TENDRE』。歌唱は、ベース・ギター・鍵盤・サックスなど様々な楽器を奏でるマルチプレイヤー・河原太朗によるソロ・プロジェクトTENDRE(テンダー)。ミュージックビデオには、劇中に登場する映画の中にTENDRE本人も登場します。

BUZZ CURATION

Posted by 管理