「Casting of the Year」賞 世界初 鋳造製蒸留器「ZEMON(ゼモン)」が受賞 公益社団法人日本鋳造工学会主催 年間最高賞の栄誉に輝きました

株式会社老子製作所(富山県高岡市)と若鶴酒造株式会社(富山県砺波市)と富山県産業技術研究開発センター(富山県高岡市)が共同開発した世界初の鋳造製蒸留器「ZEMON(ゼモン)」が、このたび公益社団法人日本鋳造工学会(東京都港区 https://jfs.or.jp/)が主催する2021年度「Casting of the Year(キャスティング・オブ・ザ・イヤー)」賞を受賞しました。

株式会社老子製作所(富山県高岡市)と若鶴酒造株式会社(富山県砺波市)と富山県産業技術研究開発センター(富山県高岡市)が共同開発した世界初の鋳造製蒸留器「ZEMON(ゼモン)」が、このたび公益社団法人日本鋳造工学会(東京都港区 https://jfs.or.jp/)が主催する2021年度「Casting of the Year(キャスティング・オブ・ザ・イヤー)」賞を受賞しました。
「ZEMON(ゼモン)」は高岡銅器の梵鐘の技術から生まれた全く新しい蒸留器(ポットスチル)で2018年12月に開発されました。2019年6月より実際のウイスキー蒸留に使用されており、世界初の技術が評価され、ウイスキー業界で最も権威のある専門誌『WHISKY MAGAZINE』の表紙を飾ったり、国内でも「第36回素形材産業技術賞」経済産業大臣賞や「第7回富山県ものづくり大賞」大賞を受賞しております
今回の「Casting of the Year」は、同会が鋳造業界全体の活性化を目的として設けた賞で、毎年優れた技術を用いた鋳物が表彰されています。
11月16日(火)若鶴酒造株式会社三郎丸蒸留所内で表彰式が行われ、公益社団法人日本鋳造工学会 会長 清水一道 様より表彰楯が贈られました。

従来のポットスチルは、純銅の板金を溶接加工されており、製作には大きな労力と長い時間がかかっていました。また、銅板の厚みに限界があり、寿命も限られたものになっていました。「ZEMON(ゼモン)」では鋳造工法により、様々なメリットを実現しました。
株式会社老子製作所の屋号である老子次右衛門(おいごじえもん)から名付けられました。
・肉厚をもたせ高耐久を実現、短納期を可能に
鋳物工法により型による成形が可能になり、短納期での製造が可能になりました。また、十分な肉厚をもたせることができ、本体の高寿命化が可能になりました。
・銅、錫の2つの効果で酒質の高品質化に寄与
「ZEMON(ゼモン)」は従来の純銅ではなく銅錫合金によりつくられています。錫は古来より酒の味をまろやかにするといわれており、高品質な酒質を実現します。また、砂型により表面に細かな凹凸があり表面積が大きくなるため、銅と錫の効果をより引き出すことができます。
・省エネを実現
従来の蒸留器は熱が逃げやすく、エネルギーロスが発生していました。ZEMONは蓄熱性があり、熱伝導が小さいため従来の蒸留器に比べて少ないエネルギーで蒸留することができます。

BUZZ CURATION

Posted by 管理