映画を観て、楽しむ読書の秋!読んでから観るか、観てから読むか「小説原作映画人気アンケート」を発表!!

近年、人気小説家の作品が、ドラマや映画など映像化に引っ張りだこ。そこでこの度、映像配信サービスdTVでは、10月27日の“読書の日”から始まった読書週間(10月27日~11月9日)にちなんで「小説原作映画人気アンケート」を実施。その結果を発表しました。

まずは邦画から。数多くの名作、人気作の中で最も人気があった作品は住野よる原作、月川翔監督の『君の膵臓をたべたい』。選んだ理由としては「題名だけでも印象的で引き込まれ、その内容で切なくってはかなくって…。役者さんの演技もよくって、見入ってしまいます。号泣です」(40代女性)、「出ている俳優たちが魅力的だったから」(20代男性)、「切ないラブストーリーが細かく描かれていたから」(10代女性)など、浜辺美波、北村匠海という若手人気俳優の爽やかな中にも切なく胸を打つような演技の数々に感動したコメントが多く寄せられました。(※2021年11月1日からレンタル作品として配信開始)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君の膵臓をたべたい [ 住野よる ]
価格:733円(税込、送料無料) (2021/10/31時点)

楽天で購入

 

 

作家別にみて人気が高かったのは、まもなく著作100作を迎える東野圭吾。数多くの作品が映画化されていますが、なかでも人気を集めたのは、ミステリー小説シリーズの『マスカレード・ホテル』「原作のイメージが壊れてない」(50代以上女性)、『マスカレード・ナイト』「作品自体好きだから」(20代男性)。(※2022年4月30日まで見放題作品として配信中)

また、テレビドラマでおなじみの「ガリレオ」シリーズや「新参者」シリーズの劇場版を挙げる人も多く、『容疑者Xの献身』では「小説を先に読んだが、小説では味わえない良さ(堤真一さんの演技など)があったから」(40代女性)、『麒麟の翼 劇場版・新参者』では「東野圭吾さんの作品が好きで、小説をよく読んでいますが、配役はそのまま違和感なく楽しめストーリーも原作を損なわず期待通りに作られているから」(40代女性)など映画ならではの楽しみ方を堪能するコメントも。(※『容疑者Xの献身』…2022年5月31日まで見放題作品として配信中 / 『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』…2022年2月28日まで見放題作品として配信)

さらに、『白夜行』の「愛する人がいること、その尊さが伝わる」(40代女性)、『手紙』の「小説と同じくらい泣けたから」(40代女性) など“泣ける”小説の映画化作品にも多くのコメントが集まりました。

伊坂幸太郎作品も負けていません。『ゴールデンスランバー』「原作が大好きで何度も観ています。俳優さんの演技が素晴らしいです」(40代女性)、『重力ピエロ』「伊坂幸太郎の小説が好きなので」(30代女性)、『アイネクライネナハトムジーク』「何気ない日常の中に大切なものがある、日常がいとおしくなる作品だと思います」(50代以上女性)、『アヒルと鴨のコインロッカー』「伊坂幸太郎さんの小説が好きだから」(40代女性)など。まさに小説家人気が映画人気にも、そのまま比例しているようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マスカレード・ホテル (集英社文庫) [ 東野圭吾 ]
価格:836円(税込、送料無料) (2021/10/31時点)

楽天で購入

 

 

 

BUZZ CURATION

Posted by 管理