シェイクスピアの「リア王」を現代の高齢化社会の観点から捉えると全世代型のホームドラマ!?劇団BDP『リアの食卓』上演決定!カンフェティにてチケット発売

劇団BDP公演『リアの食卓』が2021年11月3日 (水・祝) ~ 11月7日 (日)にあうるすぽっと(東京都豊島区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて9月25日(土)より販売開始予定です。

カンフェティにて9月25日(土) 10:00よりチケット販売開始予定
http://confetti-web.com/BDP

公式ホームページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/gekidan-bdp

──「リア家」のホームドラマをお楽しみください。

6年ぶりの上演となる本作品。

シェイクスピアの三大悲劇と言われる「リア王」を現代の高齢化社会の観点から捉えた気鋭の劇作家・嶽本あゆ美。
嶽本の脚本演出が悲喜劇とありふれた日常に架橋し、芸術家のアトリエと「暮らし」を豊かに描きます。

主演は劇団BDP/児童劇団「大きな夢」代表の青砥洋。
NHK放送劇団や劇団昴・劇団四季経て、後進の育成のため79歳を迎えた今なお舞台の最前線に立ち続ける。普段は見ることのできない役者・青砥洋が今再び、舞台に上がります。

【STORY】
美術家として世に認められ名声を博した水沢恒(青砥洋)には三人の娘がいる。
長女・皐月(湖上芽映)は社長夫人、次女・瑞希(中沢千尋)はファッション雑誌の編集長として、結婚出産にも恵まれ順風漫歩な人生を送っている。
その二人、父親の古希祝を開くが、そこへ現れたのは昔、勘当された三女の薫(坪田后加)。
しかも彼女はシングルマザーのアーティストで、珠莉(藤﨑桃彩/瀬谷心音(Wキャスト))という5歳の娘を連れている。
恒は老後の準備に財産分与をもちかけ、親子の間に波風が立ち始める。やがて、恒は脳内出血をおこして半身不随となる。
父・恒の介護、過去の秘密、三女の薫と姉たちの対立、一家の平和な日常は激しいドラマとなって疾風怒濤の嵐を呼ぶ。
親から子へと手渡されるもの、それは愛情?思い出?
現代の高齢化社会を見据えた全世代型の演劇ドラマ!

■ 出演者

青砥 洋/湖上 芽映/中沢 千尋/坪田 后加

<Wキャスト>
Aキャスト:漆原 志優/髙橋 かれん/今泉 麗/伊藤 圭伸/藤﨑 桃彩
Bキャスト:彦坂 海羽/岡田 絆奈/福井 美幸/横山 温人/瀬谷 心音

濱 由季子/上原 咲季/岡田 大海/佐藤 大
■スタッフ
脚本・演出: 嶽本あゆ美 / 音楽: 内門卓也 / 美術: 中川香純 / 衣裳: 柿崎信 / 照明: 渡邉雄太 / 音響: 小幡亨 / 舞台監督: 中野祐 / 配信・映像制作: 舞台映像COLORS / スチール: 広岡雅樹 / 宣伝美術: 佐野晶子 / 制作: 劇団BDP

■ タイムテーブル
11月3日(水祝)17:00(A)
11月4日(木) 13:00(B)/18:00(A)
11月5日(金) 13:00(A)/18:00(B)
11月6日(土) 13:00(B)/17:00(A)
11月7日(日) 13:00(A)/17:00(B)
★11/5(金)13:00(A)・18:00(B)公演はライブ配信あり(アーカイブ期間~11/8(月)まで)

■ チケット料金
全席指定(前売):5,000円(税込)

■チケットお申込み
https://peraichi.com/landing_pages/view/gekidan-bdp

BUZZ CURATION

Posted by 管理