ネクストミーツの代替肉商品、自社初となるイオンリテールでの発売へ イオンスタイル白山にて7月19日(月)より販売スタート

ネクストミーツ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐々木英之、以下「ネクストミーツ」)は、イオンリテール株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長 井出 武美)が運営する総合スーパー「イオンスタイル白山」(石川県白山市)で2021年7月19日(月)より、焼肉用代替肉「NEXTカルビ1.1」と「NEXTハラミ1.1」の販売が開始することをお知らせします。

SDGsや健康意識の高まりから拡大する代替肉需要。現代の過剰な畜産は地球温暖化を始めとした環境問題に大きな影響を与えており、代替肉はサステナブルな社会の実現に向けた一つの大きな鍵でもあります。

ネクストミーツの代表商品でもある、世界初の焼肉用代替肉「NEXTカルビ」と「NEXTハラミ」は、昨年に焼肉チェーンの焼肉ライクとコラボをし、前代未聞の取り組みとして大変話題になりました。6月には全国のイトーヨーカドーの店舗でも販売開始となりました。

そして今回ネクストミーツとして初めて、イオンリテールでの販売が実現しました。7月19日(月)より、イオンスタイル白山の冷凍食品コーナーで販売開始となります。

今回のイオンリテールでの販売が、代替肉がどこでも当たり前のように手に入る、食べることのできるようになる大きな一歩になることを期待しています。

販売開始日:7月19日(月)
販売店舗:イオンスタイル白山 冷凍食品コーナー
(石川県白山市横江町土地区画整理事業施工地区内1 街区)
商品:NEXTカルビ1.1(1パック80g)
NEXTハラミ1.1(1パック80g)
※完全植物性の商品です。動物性原料は一切含んでおりません。

  • 代替肉で気候変動問題を解決していく

地球温暖化の影響は年々深刻化し、洪水、干ばつ、台風、熱波、森林火災などの災害が年々記録を更新しています。日本ではあまり知られていませんが、この原因である温室効果ガスの排出のおよそ15%が「過剰な畜産(食肉)」によるものです*¹。これは全ての交通機関・手段の排出量に匹敵するとも言われています。

畜産が地球に与える影響は極めて大きいことが近年の研究で証明されており、飼育に必要となる土地面積や飼料、用水の量の観点から、穀物や野菜等の植物性食料と比較してタンパク質源の生産にあたって必要となる資源量が多く、環境負荷が大きいと言われています。加えて特に牛は、消化の際に反芻運動でするゲップや糞の中から、地球温暖化につながるメタンガスを多く排出することも報告されています*²。
例えば、牛肉1kgにつき温室効果ガスは37.1キログラム*³も排出されますが、これはガソリン約16リットル分に当たります*⁴。また水の消費量は20,600リットル*⁵にも及び、お風呂100杯分以上に相当します*⁶。

ネクストミーツはこの過剰な畜産による、温室効果ガスを始めとする環境負荷を少しでも減らし、次世代の子どもたちにバトンを渡すためにも「地球を終わらせない」との想いで、植物性タンパクなどを原料とする代替肉の商品を開発・製造し、世界を舞台に広めています。

BUZZ CURATION

Posted by 管理