令和3年7月1日から提供開始する公共インフラとしての「電話リレーサービス」新CM公開 女優・神嶋 里花さん出演「『もしもし』の手話がない理由。」篇

総務大臣指定 電話リレーサービス提供機関 一般財団法人日本財団電話リレーサービス(本部:東京都千代田区、理事長:大沼 直紀)は、聴覚や発話に困難のある方とそれ以外の方の会話を、通訳オペレータが「手話」または「文字」と「音声」とを通訳することにより、電話で即時双方向につなぐサービス「電話リレーサービス」(※令和3年7月1日に提供開始)の新TVCM「『もしもし』の手話がない理由。」篇を6月22日(火)より全国にて放映開始いたします。

本CMは全編「手話」で構成されているこれまでにないCMです。CMでは「もしもしの手話がない」という、思わずハッとする事柄から、これまで公共インフラと思われていた電話が実は「きこえる人」に限られたコミュニケーション手段であり、聴覚や発話に困難のある方にとっては代理を頼まないと使うことのできない手段であったことを視聴者に伝えます。しかし、この夏、電話リレーサービスの開始により、これまでの常識が変わり、コミュニケーションのバリアフリーが前進する喜びを表現しています。

CMに出演した神嶋 里花さんは「小学生の時に難聴の友達がいたため、独学で手話を学んでいた」という経験があります。今回、本格的な手話に初挑戦。手話監修者の指導のもと、手話に挑戦する初々しい姿にもご注目ください。

■電話リレーサービス TVCM概要
タイトル   :「もしもし」の手話がない理由。篇(30秒)
オンエア開始日:令和3年6月22日(火)
放送エリア  :全国

■ストーリーボード「もしもしの手話がない理由。篇(30秒)

NA:
「もしもし」の手話がない理由。

NA:
電話は、これまで、
きこえない人※にとって
遠い存在だったから。
※聴覚障害者、難聴者、発話困難者等

NA:
コミュニケーションの
バリアフリーを進めるために。

NA:
この夏、きこえない人ときこえる人を

NA:
オペレータがつなぐ「電話リレーサービス」
が始まります。

NA:電話リレーサービスから始まる、新しい毎日。

神嶋 里花さんプロフィール

神嶋 里花
1998年生まれ、大阪府出身。身長158cm。
特技:手話 (小学生の時に難聴の友達がいたため、独学で手話を学んでいた)

2019年より女優として活動を開始して以降、映画、ドラマ、MV、広告で活躍する一方、モデルとして雑誌の表紙を飾り、エディターとしても執筆活動を行うなど活動の幅を広げている。近作に映画「彼女来来」、ドラマ「監察医 朝顔」「SUITS/スーツ2」などがある。

URL:https://nftrs.or.jp/
【メールでのお問い合わせ】ホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
【手話・文字チャットでのお問い合わせ】ホームページにて窓口をご用意しております。