シリーズ全国約4,000台稼働 「カンタン監視カメラG-cam02」が更に進化  いつでもどこでもクラウドで閲覧  「カンタンビューア」を5/17リリース

電子機器の製造・販売・レンタルの株式会社MIYOSHI(本社:埼玉県入間郡、代表取締役:佐藤 英吉、以下「当社」)は、5月17日(月)よりクラウド型で閲覧するG-cam02専用ビューア「カンタンビューア」のサービスを開始します。アプリケーションのダウンロードが不要でWebからのログインによる閲覧となり、よりカンタンに、様々な環境下から「カンタン監視カメラG-cam02」を利用することができます。

画期的なクラウド型専用ビューア「カンタンビューア」

「G-camシリーズ」公式ページ: https://gcam.jp/

■コロナ禍において導入が加速する監視カメラ
新型コロナウイルス感染防止対策として、テレワークやリモートワークの推進、3密回避が提唱されています。建築業界等においても現地を訪れることなく遠隔での様子確認や、人出が減って不用心な事務所や拠点の監視強化など、監視カメラの需要が高まっています。当社でも前年比150%の売上、問い合わせ件数も約5倍に増加しています。

■ここが画期的「クラウドで閲覧、SDカードで保存」
「カンタン監視カメラG-cam」シリーズは工事不要の全天候型、電源に挿すだけで即日設置、監視を開始できるSIM内蔵の監視カメラです。レンタル形式にすることで低価格設定を実現、2021年5月現在、全国で約4,000台が稼働しています。従来はアプリケーションをダウンロードし、監視映像を確認する形式でしたが、このたびクラウドで閲覧できる「カンタンビューア」のサービスを開始。映像の保存をSDカードにすることで、コストを抑えて価格を据え置きにすることも可能にいたしました。一括ダウンロードの仕組みも搭載し、外出先や様々な環境下での監視映像の閲覧を実現します。

「カンタンビューア」クラウドシステムイメージ図

■このようなシーンで活躍
工事現場・資材現場(盗難防止/抑制)・イベント会場(バックヤードの監視)・コインパーキング(接触トラブル/不法投棄)・通学路(こどもの安全/交通トラブル)・高速道路(交通状況の監視)・ガレージ(盗難/いたずら防止)・工場(安全管理/工程管理)等

■「カンタンシリーズ」で社会課題を解決
当社は他にも、工事不要、電源に挿すだけで使用可能、1秒&非接触で体温を測る「カンタンサーモカメラ」や、段ボールとPETシートを活用し、軽量ながらも飛沫感染防止への対策ができる「カンタンパーテーション」などの「カンタンシリーズ」を、低価格、カンタン設置で、オフィスや飲食店、工事現場や教育現場等へ提供しています。

・カンタンサーモカメラ : https://thermo.gcam.jp/

・カンタンパーテーション: https://partition.gcam.jp/

■「カンタンビューア」仕様
製品名称:カンタンビューア
:専用ブラウザサイトでの閲覧(Google chrome)
:PTZ機能/SDカード保存/一括DL機能を搭載
価格  :カンタン監視カメラG-cam02ご利用時の価格を据え置きで提供

■「カンタン監視カメラG-cam02」仕様
製品名称  :カンタン監視カメラG-cam02
レンタル価格:初期費用 0円/月額費用 18,000円(税抜)~
通信    :モバイル通信(LTE)
設置場所  :屋外/屋内
パン    :355°
チルト   :120°
ズーム   :焦点距離 2.7mm~13.5mm 光学5倍ズーム
画素数   :500万画素
赤外線   :ハイパワーLED
記録媒体  :マイクロSDカード(64GB)※約1週間分の映像を記録可能
電源    :AC100V(50/60Hz)
サイズ   :210mm(H)×210mm(W)×260mm(D)[レンズ部を含む]
重量    :2.3kg

「カンタン監視カメラG-cam」紹介動画のワンシーン

 

BUZZ CURATION

Posted by 管理