​​KJ-popガールズグループ1期生メンバーお披露目ライブ開催! TWICEの楽曲制作スタッフがプレデビュー曲を提供!1期生追加メンバーオーディション開催へ

​​K-popとJ-popを融合させたKJ-popという新しいジャンルの音楽を確立するため新結成されたKJ-popガールズグループの新メンバーが決まり、お披露目ライブが3月28日(日)渋谷伝承ホールで開催された。

​このグループの目標は、東京で活動をスタートし、軌道に乗せてからは、ソウルでのライブ開催を行い、そのあとは、世界へチャレンジ。
そして、アメリカビルボード入りを目指し、最終目標はグラミー賞という壮大なプロジェクトである。

1期生メンバーの募集開始とともに、壮大なグローバルプロジェクトとKJ-popという新しいジャンルが好評で、全国から905人の応募が集まってきた。
コロナ禍のため、4ヶ月に渡る審査の末、1期生練習生メンバー11名が決定した。最初は全員練習生からのスタートとなる。

ダンススキルとビジュアルを備え、韓国が大好きで、メンバー全員日本と韓国のハーフという設定なので、韓国名と日本名がある。

ヒヨン・コトヒ(19)、ソピヌ・サワ(15)、ユジン・ナル(14)、ハユン・ハナ(15)、テナ・ヒナタ(21)、ソア・マホ(13) 、サラン・モモ(11)、ジユ・ユウカ(20)、ジイン・ユリヤ(13) 、スア・レイ(20) 、ジエ・レナ (23)

1期練習生は、まだ持ち歌がないため、TWICEとNiziUのカバーを2曲披露した。初めてのステージとは思えない堂々としたパフォーマンスに会場のファンから大きな拍手が送られた。

そして、この日一番盛り上がったのが、ライブ後の発表。

k-popを手掛ける韓国の作曲家からのプレデビュー曲提供が発表されると、メンバー全員大喜び。

さらに、その作曲家がTWICEの楽曲を手掛ける大物作曲家だと発表されると、驚きの声とともに、メンバー全員号泣。

そして、早くもそのプレデビュー曲が流されると、さらに大喜び。涙が止まらない。

しかし、喜びも束の間。現メンバーのライバルとなる、1期生第二波のオーディション開催が発表され、1期生第一波と第二波、全員で競い合って、
プレデビュー曲を歌うメンバーを決めることが発表されると、涙もピタリと止まった。

1期生第二波のオーディションは4月末まで開催中。今回の応募905人の半分は冷やかしだったということで、1期生第二派のオーディションでは、
興味本位の応募はお断り、本当にやる気のある女性のみ応募してほしいという。

これまでにない新しいコンセプトのKJ-popガールズグループ。今後の展開に注目だ。

KJ-popガールズグループオフィシャルサイト
http://www.kandopro.jp/kj-pop/

KJ-popガールズグループオフィシャルブログ
https://ameblo.jp/kjpop-k/