肉料理以外に使ったことある? 在宅需要で大ヒット中の低温調理器を「使いこなす」レシピ本、好評につきたちまち重版決定!

■飲食店の営業自粛で「おうちで夕食」がスタンダードに
在宅勤務の推奨に加え、飲食店の夜の営業自粛などによって、ますます需要が高まるおうちごはん。外食できない分、自宅でも美味しい料理が食べたい!と今、大ブレイクしているのが家庭用低温調理器です。レストラン顔負けの絶品料理が作れるのはもちろん、温度と時間をセットしたら、あとは低温調理器まかせ。長時間かけてゆっくりと加熱・殺菌していくメソッドは、在宅勤務中の強い味方と言えるのではないでしょうか。

一方、低温調理器ユーザーの中からは、このような声も聞こえてきます。
「火入れがあまいと、食中毒が心配」
「低温調理器を買ったけど、結局お肉しか調理していない。」

書籍『いちばん親切でおいしい低温調理器レシピ』は、低温調理器を使いこなすための教則本として、メーカーを問わずに作れる基本のレシピをまとめた1冊です。
著者は、服部栄養学校の国際部ディレクターとしても活躍し、真空調理法のプロ向けの講習会を行ってきた料理家の脇雅世先生。安全性はもちろん、定番の肉料理から野菜たっぷりのおかず、卵料理など低温調理器のポテンシャルを最大限に生かした多彩なレシピが話題となり、早くも重版が決定いたしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちばん親切でおいしい低温調理器レシピ [ 脇 雅世 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/1/21時点)

楽天で購入

 

 

<⽬次>
絶対のアドバンテージ、基本の⾁料理
和洋中、⼈気のひと⽫も低温調理で
シャルキュトリーと⾃家製デリ
卵料理もデザートもおまかせ
おもてなしに⼤活躍 とっておきレシピ

<刊⾏概要>
『いちばん親切でおいしい低温調理器レシピ』
■発売:2020年12⽉18⽇(⾦)
■定価 :1,800円+税
■発⾏ :株式会社世界⽂化社

BUZZ CURATION

Posted by 管理