危険な仕事を、不可能な仕事を、川崎重工の技術が変えていく ロボット技術を融合させた無人潜水機「SPICE」 深海3,000mの過酷な環境で、エネルギーの安定供給を支える 川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』 2020年12月23日(水)公開

川崎重工業株式会社(所在地:東京都港区、以下「川崎重工」)は、2020年12月23日(水)より、コーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービーの最新作『無人潜水機SPICE篇』を公開します。

■「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービー最新作

川崎重工グループのコーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」は、変化する社会・環境に合わせてスピーディーに対応していく、当社グループの姿勢を表したものです。「社会がカワる、その一歩サキへ。」、そして「自分たちがカワる、サキへ向かって挑戦する。」という意志を込めています。

今回、新たに公開する『無人潜水機SPICE篇』は、このコーポレートメッセージに込めた想いをより多くの方に伝えていく企業ブランドムービーの最新作です。これまでにも、圧倒的なパワーとスピードを誇るNinja H2をテーマにした『モーターサイクル篇』、川崎重工の社員たちが水素エネルギーの普及を通じて実現させたい未来を語った『水素社会篇』など、さまざまな事業・製品に焦点をあててきましたが、今回のムービーでは、潜水艇とロボットアームの技術を融合した、自律型の無人潜水機「SPICE」をクローズアップしました。

危険な仕事を、不可能な仕事を、KAWASAKIの技術が、変えていく。こうしたチャレンジングな取り組みは、まさにコーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」の体現と言えるでしょう。日本初の潜水艇の建造から100年。「SPICE」は、深海の、そして人類の可能性を大きく広げるため、限界の先へと泳いでいきます。

▼川崎重工 「カワる、サキへ。」特設ページ

https://www.khi.co.jp/stories/articles/vol47/#forward