スペースシャワーTVプラス主催ライブイベント「スペシャプラスまつり」Task have Funと26時のマスカレイドの #ニジタス 初対バンは会場も生配信も熱狂の中、終幕! “26個のタスク”やコラボ曲披露など盛り沢山の企画で大盛り上がり!

株式会社スペースシャワーネットワーク(代表取締役社長:近藤正司、本社:東京都港区)が運営する、音楽専門チャンネル スペースシャワーTV プラスが主催するイベント『スペシャプラスまつり vol.6 -#ニジタスがてっぺんいきます-』が12月17日に新宿BLAZEにて開催され、Task have Fun、26時のマスカレイドの2組が初の対バンを行った。
スペシャプラスのカラーとなるジャンル、応援するアーティストが集まった『スペシャプラスまつり』は、2019年12月に初開催(vol.1〜vol.4)となり、2回目の今回は時代に合わせて形を変え、有料配信+160人限定の有観客公演として開催された。

ライブの先陣を切ったのはタスク。まずは「ギュッと、チュッと」「けどハニカミ」といった恒例のライブチューンで目の前、そして画面越しのファンとの距離を確かめ合っていく。声が出せない分、ファンは拳を突き上げ、振りコピでメンバーのパフォーマンスに応えていた。MCでは、白岡今日花の司会のもと熊澤風花、里仲菜月とニジマスとの関係性について触れる。デビュー当時から共演は何度もあったニジタスは、4年目にして今回が初の対バンであり、事前番組でも告知されている「3WD」「ハートサングラス」のコラボレーションも初めてだ。

ドラマティックな曲展開を見せるバンドサウンドの「ルミナストレイン」から、可憐なミドルバラード「逆光」、里仲の「行くぞ!」という合図で威勢良くスタートした「「キメ」はRock You!」の3曲で様々なタスクのカラーを見せていく。ここまででファンに何度も視線を送ってきた熊澤は少ない人数でのライブだからこそより目が合うと話し、照れたファンの反応に言及。ドーナツやスパム弁当など、楽屋に並べられた豪勢なケータリングも含め大好きなイベントだと、食べ盛りの3人はアピールした。ラストは王道のアイドルソング「星フルWISH」、軽快なファンクナンバー「キミなんだから」でニジマスにバトンを繋いだ。

◆事後配信チケット販売中!
販売期間:~12月22日(火)23:59まで
配信期間:~12月23日(水)12:00まで
チケット:一般 ¥3,800(税込)
auスマートパスプレミアム会員 ¥3,300(税込)
▼チケットはこちら
https://up.auone.jp/articles/id/82163?ref=os