脳科学者も推奨する、「まちがいさがし」の知育的要素!子どもが楽しく遊びながら集中力を高められる! 『むずむずまちがいさがし』10/12発売

株式会社高橋書店(本社:東京都豊島区、代表取締役:高橋秀雄)は、2020年10月12日(月)に、『へんてこはっけん! むずむずまちがいさがし』(riekim・著 700円+税)を全国の書店・オンラインストアで発売します。よくあるまちがいさがしとは違い、1つのイラストページから間違いを見つける形式。今までになかった新鮮さも加わり、子どもの興味を惹きながら楽しく遊べます。まちがいさがしは、脳科学者も推奨しているほど知育的要素がたっぷりつまったあそび。楽しみながら集中力アップにもつながります。

「まちがいさがし」は楽しいだけでなく、子どもの持つ能力を伸ばす要素もたっぷりあります。その効果は、脳科学の専門家もおすすめの知育教材の1つとして挙げているほど。楽しく遊びながら、以下のような効果も期待できます(※)。
●脳の前頭葉、頭頂葉などが活動→ワーキングメモリが鍛えられる
●「アハ体験」ができる→関係する脳の回路が強化
(※参考:篠原菊紀著 『脳科学者が教える 子どもの地頭をよくする方法』)

従来のまちがいさがしは、2つの絵を見比べて異なる部分を見つけるというものがほとんどですが、本書は新しいタイプの形式を採用! 他にも楽しめる工夫が満載です。

●ひとつだけ異なるイラストをみつける形式
→新感覚で楽しめる
●小学1年生前後の子どもでも見やすい大判サイズ
●子どもの集中力が持続するように問題を厳選、内容を凝縮

ステージごとに難易度が設定されているので、ライトに楽しみたい子からもっと難しい問題に挑戦したい子まで、様々な楽しみ方ができます。また、大人から見ても難しい問題も多いので、家族みんなのおうち時間を充実させるのにもぴったりです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

へんてこはっけん! むずむずまちがいさがし [ riekim ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/10/8時点)

楽天で購入

 

 

子どもたちの秘めた力を発揮させてくれるのは全力で遊んでいるときだと思います。ジッと集中したり、粘り強く見つけたり。この本をきっかけにたくさん会話をしてほしい、見つけた時にHAPPYな気持ちになってほしい、もしまちがいが見つからなくてもイラストを楽しんでほしいです。「むずかしい!」「面白い!」「見つけた!」こんな声がたくさん聞こえてくることを願っています。