AI顔認証サーマルカメラ「&IOTサーモイン」に検査実施証明シール発行機能が追加!誰が検査しているか簡単に目視確認を実現します! IT導入補助金 ものづくり補助金 小規模事業者持続化補助金の活用出来ます!

AI顔認証サーマルカメラ「&IOTサーモイン」を開発している㈱デバイスエージェンシー(所在地:大阪市西区)は、新たにシールプリンターを追加し、検査実施証明シールを発行する機能を追加しました。

新型コロナウイルスにより、来客への体温検査が必須となってきております。
しかし、下記の問題を感じています。

スタッフが対面で検温を行っている場合

  • スタッフの健康リスク
  • オペレーションコスト

AI顔認証サーマルカメラで検温を行っている場

  • 全員が検温をしているのか不明
  • 悪意ある人が検温を行わないことが可能

上記の問題を解決すべく、「&IOTサーモイン https://and-iot.jp/thermoin/ 」にシールプリンターを追加しました。

検温後、正常範囲の体表面温を計測した場合に、

  • 検温日(過去の使い回し防止)
  • 検温時間
  • AI判断の性別(他人の使い回し防止)
  • AI判断の年齢(他人の使い回し防止)
  • QRコード(ログインしたスタッフがスマホでQRコードを読むと、検温時の顔写真を確認出来ます。他人の使い回し防止)

が印字されたシールがプリントされます。
このシールを胸部分などに貼付してもらうことにより、来客者・スタッフなど全員が、検温を行っていることを目視判断できるようになります。

現在は、「&IOTスマートチェックイン https://and-iot.jp/ 」との連動を行っていますが、今後は

  • 医療機関(診療所・歯科など)
  • 介護施設
  • 学習塾

などに普及している各種業務管理ソフトとのAPI連携などにより、業務に溶け込んだ自然な運用で体表面温の確認が実現できるように取り組んでいきます。