AI顔認証システム「LYKAON-i」がマスク着用時の認証可能に。最大30人までの自動体温測定「サーマルカメラ」も新規リリース

顔認証ソリューションとウェブソリューションを展開するEnazeal株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村将之)は、AI顔認証システム「LYKAON-i」で、新たにマスク着用時にも認証できるなどのアップデートを実施しました。また非接触で自動体温測定できる「サーマルカメラ」リリースします。

マスク着用時にも対応可能に
新型コロナウイルス(COVID-19)の流行により、マスクを着用される人がとても多くなりました。しかし、従来の顔認証システムでは、マスク着用時に顔認証を行うことは非常に困難でした。
そこでこの度、AI顔認証システム「LYKAON-i」のマスク対応を実現いたしました。

ディープラーニング機能で、マスクをAIに学習させることでマスクを判定し、着用時には顔上部のみで認証を行うことが可能となります。
それにより今まで対応が難しかった、以下の様なケースにもご利用いただけます。
・マスクを頻繁に着用すると考えられる医療関係施設への導入
・マスクを着用した状態での入退室管理
・マスクで顔を隠した状態の人物に対する万引き防止対策

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、非接触型の認証システムがより注目されています。「LYKAON-i」がマスク着用時の認証に対応したことで、非接触型の顔認証システムとしての活用の幅がより広がります。

ブラウザ上でプッシュ通知が可能に
また、従来まではスマホ端末が手元になければ検知のプッシュ通知を確認出来ませんでした。アップデートにより、PCブラウザ上でプッシュ通知が受け取れるようになります。

新製品「サーマルカメラ」リリース

サーマルカメラは「遠赤外線」とAI学習による顔認証エンジンで、人物を認識して体温を測定します。一度に30人の体温を自動で測定できるので、不特定多数の人が訪れる場所での検温が可能となります。