最高賞金10万円!道路での危険な場面やヒヤリとした体験募集! 秋の全国交通安全運動 第10回「ヒヤリ体験」投稿キャンペーン!! 『危なかッター』を開催

一般社団法人 東京指定自動車教習所協会(本部:東京都品川区、以下 東京指定自動車教習所協会)は、警視庁、一般財団法人 東京都交通安全協会の後援を受け、「秋の全国交通安全運動」の一環として道路での危険な場面やヒヤリとした体験を投稿・投票する“秋の全国交通安全運動 第10回「ヒヤリ体験」投稿キャンペーン!!『危なかッター』”を、2019年9月21日(土)から開始いたしました。

東京指定自動車教習所協会では、毎年、様々な活動を通じて交通安全への貢献を行っております。その中でも、春と秋の「全国交通安全運動」期間に実施している、『交通安全川柳コンテスト』と『危なかッター』は、幅広い年齢層の方々から大変多くの応募をいただいております。

昨年実施の“第9回「ヒヤリ体験」投稿キャンペーン!!『危なかッター』”では6,079作品の投稿をいただき、また、投稿作品に対して受け付けた結果、3,694票のユーザー投票が行われました。

今年も本コンテストを開催し、ヒヤリとした体験を投稿してもらうことで、広く交通安全の啓蒙を行います。

URL: http://www.tadsa.or.jp/anzen/

■『危なかッター』とは

『危なかッター』は、PCサイト・スマートフォンサイトからの投稿型キャンペーンです。「クルマ」「バイク」「自転車」「歩行者」の4カテゴリーに分かれ、道路での危険な場面や、ヒヤリとした体験を投稿していただきます。

投稿された作品は、キャンペーンWebサイトに掲載。さらに、TwitterやFacebookにも連動して投稿することができます。

また、Webサイトに掲載されている『危なかッター』体験エピソードに共感した人はWebサイト内の「投票する」ボタンやFacebookの「いいね!」、Twitterの「ツイートする」から投票することができ、投票数で『危なかッター』投稿作品のランキングがリアルタイムに変動します。

投票数が上位の作品は「危なかッター賞」にノミネートされ、見事「危なかッター賞」に選出された方には賞金10万円をプレゼントいたします。

また、昨年に引き続き、秋の全国交通安全運動の重点項目の1つである“自転車”に関わる作品の中から『危なかッター』選考委員会で1作品を選出し、「自転車特別賞」として賞金3万円をプレゼントいたします。

さらに、一番リツイートが多い方に「Twitter賞」、一番「いいね!」が多い方に「Facebook賞」として、それぞれQUOカード1万円分をプレゼントいたします。

■キャンペーン概要
1) キャンペーン名
秋の全国交通安全運動 第10回「ヒヤリ体験」投稿キャンペーン!!『危なかッター』

2) キャンペーン期間
2019年9月21日(土)10時~11月9日(土)17時
第1期締切:10月7日(月)
第2期締切:10月24日(木)
第3期締切:11月9日(土)17時

3) 応募資格
日本全国どなたでもご投稿、ご投票いただけます。

4) 投稿方法
PC、スマートフォンからキャンペーンWebサイトにアクセスし、投稿フォームから60文字以内で投稿してください。何度でもご投稿いただけます。
PC・スマートフォンキャンペーンWebサイト
URL: http://www.tadsa.or.jp/anzen/

5) 賞品
「危なかッター賞」   (1名) 賞金10万円
「自転車特別賞」    (1名) 賞金3万円
「カテゴリー賞」    (4名) QUOカード2万円分
「Twitter賞」      (1名) QUOカード1万円分
「Facebook賞」     (1名) QUOカード1万円分
「特別賞」       (15名) 東天紅全国共通食事券1万円分