プロ野球eスポーツリーグ『eBASEBALL パワプロ・プロリーグ』が、2019年シーズンも開催されることが決定した。
このリーグは一般社団法人日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメントが共同で開催するもの。eスポーツを通して新しい野球の楽しみ方を提供することを目的としており、競技を通じて野球ファン拡大を目指す。

2018年11月には初開催となる『eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19』が開幕し、プロテスト、eドラフト会議、eペナントレース、eリーグ代表決定戦が繰り広げられた。2019年1月12日(土)にはセントラル・リーグ代表の横浜DeNAベイスターズと、パシフィック・リーグ代表の埼玉西武ライオンズが、『eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ』で対決。埼玉西武ライオンズが初代日本一に輝いている。

2018年シーズンの試合の模様は会場席で観戦されたほか、総合スポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」、ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、パシフィック・リーグ公式動画配信サービス「パ・リーグTV」で生配信された。さらに、KONAMI公式サイトでのアーカイブ配信が行われ、総視聴回数が200万超えの大ヒットとなっている。
2019年シーズンの詳細については、今後公式サイトなどで発表される予定。バーチャルの世界で繰り広げられる、“もうひとつのプロ野球”「eBASEBALL」の動向に注目だ。