「僕の初恋をキミに捧ぐ」は、2005年から2008年にかけて、少女コミック(現:Sho-Comi / 小学館)にて連載されていた作品。重い心臓病を抱え、「20歳まで生きられない」と宣告された少年・逞と、彼と幼い頃に結婚を誓った幼なじみ・繭によるラブストーリーだ。2007年には第53回小学館漫画賞少女向け部門を受賞し、2009年には実写映画化もされている。

ドラマ化を受け、青木は「本作のプロデューサーさんは、学生時代から私の作品を読んでくださっていた方です。読者でいてくださった方に、映像化のプロデューサーをして頂けるのはこれが初めてです。作家にとって、これほど感慨深いことがあるでしょうか」とコメント。「漫画『僕キミ』を描き終え、2009年に実写映画が公開されて9年。今回のドラマ化で、当時『僕キミ』を読んで(観て)いただいた方々に、逞と繭のことを懐かしく想い出してもらえたら嬉しいです」と語っている。

また逞役の野村は「原作の読者の方に恥じないような作品にしますし、いろんな人たちとの絡み合いや人間関係の心のもつれなどを、しっかりと表現できたらいいなと思っております」、繭役の桜井は「原作を読んだときは感動してポロポロ涙が出てきてしまいました。そういう作品の良いところをちゃんとドラマでも表現できたらなと思いますし、精一杯頑張りたいです」とそれぞれメッセージを寄せた。

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」
2019年1月より毎週土曜23:15~24:05放送

原作:青木琴美「僕の初恋をキミに捧ぐ」(小学館・刊)
脚本:尾崎将也
演:宝来忠昭、藤原知之
音楽:富貴晴美
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、森一季(MMJ)
制作:テレビ朝日 / MMJ
出演:野村周平、桜井日奈子、馬場ふみか、松井愛莉、矢作穂香、岐洲匠、富田健太郎、福本莉子、是永瞳、真飛聖、石田ひかり ほか