ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会開催都市特別サポーター(東京) 渡部建さん(お笑い芸人)/山崎紘菜さん(女優)/畠山健介さん(ラグビー選手)が登場  小池百合子東京都知事もパスを体験!開幕に向けての意気込みを表明!

東京都は、2019年(平成31年)9月20日から11月2日まで日本全国12会場で行われるラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会の開幕1年前を記念し、2018年9月23日(日) 銀座ソニーパークにて1年前イベントを開催しました。
東京でのラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会の開催を盛り上げる開催都市特別サポーター(東京)の就任セレモニーをはじめ、芝生の上でのラグビー体験コーナーや人気雑誌CanCamモデルによる、女性がラグビー観戦を楽しむためのトークショーなどの催しが目白押しでした。幼少期からラグビーに触れていたというお笑い芸人の渡部建さん、2013年から全国高校ラグビーフットボール大会イメージモデルを務めていた女優の山崎紘菜さん、現役ラグビー選手として活躍する畠山健介さん、猪熊純子副知事が登場。会場には延べ29,304人の方が集まり大きな盛り上がりを見せました。

ラグビーワールドカップ2019(TM)開催都市特別サポーター(東京)就任セレモニーでは、猪熊副知事よりサポーターへ、肩書の書かれた名刺と襷(たすき)が授与されました。猪熊副知事は、「1年後の日本での開催を機に、ぜひ迫力のある試合を直接見てラグビーの魅力を体感してほしい」とコメント。
父親が強豪社会人ラグビー部を擁する企業勤務だったゆえに少年時代からラグビー観戦が大好きだったという渡部さんは、「ラグビーが好きで、こんな大役に就任させていただき大変光栄に思っています。全力で盛り上げたいです。」と1年後に迫った大会開催に向けての思いを語りました。山崎さんは「私もラグビーが本当に好きなので、魅力をたくさんの人に伝えたいです。SNSでの発信も積極的にして、まずはこの東京から盛り上がりを広められるように頑張ります!」と熱く話しました。そして現役ラグビー選手の畠山さんは「たくさんいるラグビー選手の中からサポーターに選んでもらい、とても嬉しく思います。ラグビーという単語が、ここからの1年でもっと日常で使われるように盛り上げていきたいです。」と就任の喜びを笑顔で語っていました。

<東京ラグビーSNSキャンペーン実施中!>

東京都ラグビー情報のホームページでは、大会公式マスコットのレンジーや東京都スポーツ推進大使のゆりーとが描かれたオリジナルフォトフレームでラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会の盛り上げに気軽に参加できるキャンペーンを実施中。イベントでは、プロカメラマンが撮影した写真に、開催1年前限定のフォトフレームをつけたオリジナル画像を参加者に配布しました。

「#tokyo」「#rwc2019」のハッシュタグをつけて投稿したあなたの写真が、東京都ラグビー情報のホームページに掲載されるかも!

期間: 2018年8月24日(金)~ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会本番終了まで
概要: 東京都のラグビー情報サイトに準備されている
オリジナルフォトフレームを使用し、
ハッシュタグ「#tokyo」「#rwc2019」をつけて
InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSに投稿
参考: https://tokyorugby2019.com/