日々の出来事、毎日のニュース、地域のイベント情報、それぞれの観光スポット、皆さんの子育て情報。私の!僕のおすすめスポット!

怪獣王改め、加湿王ゴジラ現る! ~青い熱線を放射して部屋を加湿~

ニューヨーク近代美術館のMoMAストアでの取扱い商品に選ばれた「いたずらBANK」を製造している株式会社シャイン(所在地:東京都中央区、代表取締役:鈴木 輝夫)は、貯金箱シリーズとは異なる『加湿王ゴジラ』を2017年11月17日に発売します。

シャインでは映画『シン・ゴジラ』公開に先駆けて2015年11月に『ゴジラバンク』を発売いたしました。
長く愛されてきたキャラクター“ゴジラ”は老若男女に支持され、『ゴジラバンク』の出荷は今でも衰えを見せません。
ハリウッドで『GODZILLA』(2014年公開)が制作されるなど、海外にもファンが多く観光客にも大変な人気です。
2016年には映画『シン・ゴジラ』が国内興行収入82.5億円という大ヒットを記録し、社会現象になるなど話題になりました。
2020年まで先の展開も見えており、これからも期待のできるキャラクターです。

お客様のアンケートを見ますと、「貯金箱だから買った」という人よりも、「キャラクターが好きで面白そうだったから買った」という声が多く聞かれました。

“ゴジラ”の魅力溢れる、面白そうな新商品を待望する声も多く見られました。

==========================

商品名  :加湿王ゴジラ
発売日  :2017年11月17日発売予定
価格   :税別6,980円(税込7,538円)
販売   :ゴジラオフィシャルECサイト<ゴジラ・ストア>
URL: http://godzilla.store/shop/g/gGSG0330002/
国内の玩具・雑貨取扱いの販売店、販売サイト
商品サイズ:W181mm×H215.2mm×D226mm

==========================

ゴジラの加湿器!なんでゴジラ?なんで加湿器?

などという愚問は置いておきたくなるような、ちょっとカッコイイ写真。加湿しているときの写真だろうか?噴射した水蒸気にブルーのレーザー光が映えて、まるでゴジラの吐く放射熱線のようでもある。

ただ、気になるのはこれはおもちゃとして売られているのであって家電製品の加湿器ではないということ。それがなぜなのか?というのは業界の人ならすぐにわかるのだろうけど、流通経路の問題なのだろう。

そしてもう一つ。前回のゴジラバンクがかなり売れているようで、アンケートをとったら貯金箱だから買ったという訳ではなく「ゴジラ」だから買ったのだという。それは事実としても、だから加湿器を作ったというのは後付けの理由にしか聞こえない。

なんでもいいからゴジラの製品を出せば売れるだろうと思ったとしか考えられないのが悲しいところだ

コメントを残す