日々の出来事、毎日のニュース、地域のイベント情報、それぞれの観光スポット、皆さんの子育て情報。私の!僕のおすすめスポット!

360°映像と音と振動に包まれる!夢のドームステージで熱唱しよう!世界初!カラオケ×VRの『超感覚カラオケ』が ハウステンボスの“変なホテル”に登場!

ハウステンボス株式会社(本社所在地:長崎県佐世保市、代表取締役社長:澤田 秀雄)とゾーン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役:近藤 重和)、株式会社プロディジ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:山嵜 吾郎)、株式会社エクシング(本社所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長:吉田 篤司)は、長崎・ハウステンボス「変なホテル ハウステンボス」内に設置されている「『The Zone(TM)』超感覚ゲーム」の新たなコンテンツとして『超感覚カラオケ』を、8月3日に正式リリース。

『超感覚カラオケ』は、360°の映像と音と振動に包まれた中で熱唱するという“一歩先の未来のカラオケ体験”をお届けします。マイクを持ち「『The Zone(TM)』超感覚ゲーム」に足を踏み入れると、目の前にはあなたを待つ観客たち。歌が始まると、観客たちは花束やプレゼントなどを投げこみあなたを応援してくれます。彼らの応援にタッチ操作でこたえていくことで、舞台が路上ライブから5万人の観客が待つドームステージへとグレードアップ!JOYSOUNDの高音質と豊富な楽曲をアーティスト気分で楽しむことができます。通常のカラオケでは味わえない、ステージが変化していくワクワクやドームにたどり着いたときの感動を『超感覚カラオケ』で体験してください。常識を超えた、未体験のサプライズがそこにはあります。

– 亜空間に飛び込んで、超感覚を呼び覚ませ! –
The Zone(TM)は、360°映像に囲まれた未知のバーチャル亜空間に全身まるごと入り、手足で空間を操って楽しむ『「超感覚」Training Pod』です。「変なホテル ハウステンボス」のエントランスに設置された「『The Zone(TM)』超感覚ゲーム」では、5種類のゲームに加え新たにカラオケをお楽しみいただけます。行きたい亜空間(ゲーム)を選んで、手ぶらでドアを開けて入るだけ。電話ボックスサイズの小部屋の前後左右・天井・床と全方位に映像モニターを配置、最新のバーチャルリアリティ技術を駆使した360°体験型コンテンツは、ヘッドマウントディスプレイとは一味違う未体験のサプライズとなることでしょう。

==========================

The Zone公式ホームページ: http://thezone.jp/promotion/

==========================

とうとうカラオケまで!というか、今までのVRとは少し違うようだ。何と言っても一番の違いはヘッドマウントディスプレイを使わないことだ。

今までのVR技術では当然のようにヘッドマウントディスプレイが使われていたのだが、この『The Zone(TM)』超感覚ゲームではヘッドマウントディスプレイがないから、顔の動きなどを感知するセンサーがないことになる。

その代わりというか・・・ 部屋の前後左右・天井・床と全方位に映像モニターがついていて、いつでも全方位を見ることができる。簡単に言うと自分自身が作られた空間の中に入ってしまうことと同じなのだ。

もちろん、立体ではないので多少のリアリティには欠けるのかもしれないが、昨今のVR技術と混合したこの超感覚ゲームでは、きっと未知の体験ができるのではないだろうか。

そしてもう一つ気になるのが・・・「ステージが変化していくワクワクやドームにたどり着いたときの感動」とは一体何なのか?

自分が歩くことなく、景色が刻々と変わっていくのだろうか? 想像でしかないのだが、まるで雲にでも乗って空間を移動していくような感覚を味わうことができそうで期待してしまう!

コメントを残す