朝ドラ女優が魅せた!「ひよっこ」ではない一人前の別の顔 魅力溢れる超豪華グラビア16ページ!ヤングキングに松本穂香が登場!!

10月23日に発売のヤングキングが、人気朝ドラ「ひよっこ」の青天目澄子役で話題の女優の松本穂香を表紙、巻頭、巻中ページで起用しました。 通常は巻頭と巻中ページで別の被写体を起用することが多い中、インタビューを含め全16ページと豊富に登場します。
本企画はフォトディレクションに定評のあるアートディレクターの岡田考功 (FIRSTORDER)がクリエイティヴを担当しました。

本件について岡田は「メイクと衣装を変えて3パターン撮りましたが、毎回違う彼女が目の前に現れるので、不思議な気持ちになりました。独創的なポージングと瞳の力強さが、藤代冥砂さんにより収められているので、16ページが少なく感じてしまうかもしれません。」とコメントしました。
撮影は、都内の老舗キネマ倶楽部やその周辺の街並みで行い、終始リラックスした雰囲気の中で撮影されました。今回カメラマンを務めた藤代冥砂も「一瞬一瞬が心地よく、刺激的で、楽しかったです。いつか自分が映画を撮る時には、是非出演をお願いしたいです。今から楽しみです。」と絶賛するように、過去の松本穂香を知る人からは想像ができないほどファッショナブルでハイセンスな様子がフィルムに収められています。

■松本穂香さんのコメント
「藤代さんとの撮影は別の世界に行ったような不思議さがあって、その世界を藤代さんと共有している感覚がとっても心地よくて楽しかったです。藤代さんが時々言ってくれるイメージもストンと私の中に落ちてきて、頭で考えず自由に動けました。また是非ご一緒したいです。」

■藤代冥砂さんのコメント
「まず、瞳に惹かれました。澄んで深い瞳です。何処にも属していないような佇まいがあって、しっかりと立っているようで、移ろいやすく、芯があるのに、柔らかで、そういった穂香さん独特の色を感じ取る一瞬一瞬が心地よく、刺激的で、楽しかったです。ヘアメイクや衣装の変化にも柔軟に対応して、それぞれを穂香さんも楽しんでいたのではないでしょうか。いつか自分が映画を撮る時には、是非出演をお願いしたいです。今から楽しみです。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です