「なんでもない」と言うとき、本当は…自分から話すよりも男性から「聞いてほしい」「察してほしい」が上位!

言葉をストレートに受け取ったら、友達が突然不機嫌になってしまったことありませんか?何気ない言葉の裏に隠された真意を見分けるのは、同性でも難しいですよね。みなさんも、社交辞令で言った言葉を本気で受け取られたり、気付いてほしくて真逆の言葉を使った経験あるのではないでしょうか。ということで今回は「女性の言葉のウラに隠された本音」について健康美人で調査してみました。

■Q.「なんでもない」と言うとき、本当は…
聞いてほしい(32%)
察してほしい(25%)
言っても意味ないからいい(21%)
そっとしておいてほしい(18%)
本当になんでもない(4%)
自分から話すよりも男性から「聞いてほしい」「察してほしい」が上位ということで、女性が言う前に男性から行動してほしいと思っていることが窺えますね。しかし、男性に対して諦めの気持ちから「言っても意味がないからいい」と言う女性や「そっとしておいてほしい」のが本音な女性も多いようです。

■Q.友達の彼氏を見て「優しそうだね」と言うとき、本当は…
他に感想が思いつかない(46%)
容姿で褒めるところがない(29%)
本当にそう思ったから(25%)
これはほとんどの女性が「優しそうだね」と言ったことも、言われたこともあるはず。どこか褒めなければ…という気持ちになりますが、「他に感想が思いつかない」が一位になったように、無難な「優しそう」という言葉以外に思いつかないことの方が多いですよね。

■Q.「今度食事に行きましょう」と言うとき、本当は…
気が向いたら誘う(39%)
自分からは誘わない(25%)
相手から誘われるまで待つ(11%)
絶対に行くことはない(7%)
後日、本当に食事しに行く(18%)
一位は「気が向いたら誘う」、二位は「自分からは誘わない」でした。社交辞令で言うことが多いイメージですが、「絶対に行くことはない」と回答した女性はわずか7%ということで、基本的に行きたくない相手には使わない言葉なのかもしれませんね。

■Q.男性に「かっこいい」「モテそう」と言うとき、本当は…
好意を示している(29%)
タイプではなくても言う(4%)
リップサービス(32%)
本当にそう思ったから(35%)
誰にでも言える言葉ではないだけに、「本当にそう思ったから」や「好意を示している」という意見が多いですね。しかし、「リップサービス」で言うことも少なくはないようで、その場の雰囲気や状況から建前で褒め言葉を使うこともあるようです。

■Q.彼氏にLINEで「今仕事終わった。お腹空いた~」と言うとき、本当は…
食事に誘ってほしい(32%)
彼氏の出方を伺っている(21%)
優しい言葉をかけてほしい(18%)
ただの報告(29%)
「お腹空いた」の一言で「食事に誘ってほしい」という気持ちをアピールでき、彼のタイミングが合えば「じゃあご飯行こうか」と返信がもらえる流れを作ることができますが、「ただの報告」が二番目に多いことから、日常的に報告し合っているカップルは言葉の裏を深読みすることなく受け入れているようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です