地元で人気の2つの行列店がコラボ&プロデュース!並んでも絶対に食べたい!千葉木更津市初の「道の駅」に のうえんカフェレストランが10月20日オープン!

千葉県木更津市にオープンする道の駅 うまくたの里は、地元で絶大な人気を誇る「のうえんカフェ」と「せんねんの木」のプロデュースでレストランカフェ「&TREE(アンドツリー)」を2017年10月20日(金)にオープンいたします。

北欧風のゆっくりくつろげる店内で、地元の農家さんが一生懸命育てた「かずさ野菜」を「顎が疲れるまで思う存分食べていただきたい」という想いでできたお店です。千葉で人気の2つのお店「のうえんカフェ」・手作りバウムクーヘン専門店「せんねんの木」がプロデュースしています。

のうえんカフェレストラン「&TREE」では、このプレートに「地元野菜たっぷりの選べる3種のポットパイ」もしくは「自家製ローストビーフ」を選ぶことができます。主役は「地元野菜」。野菜のキッシュ、野菜のテリーヌ、野菜のムースに特製の野菜の小鉢と野菜のピクルス。生野菜には特製の野菜ドレッシングが絶妙に合います。全粒粉を使用した、クルミ、クランベリー、レーズン入りの自家製パン。そして旬の野菜と食材をふんだんに使用した、あつあつのポットパイは、3種類からお選びいただけます。季節ごとに選べるスープにサクッとした食感のパイを絡めて食べると至福の味わい。野菜を美味しく可愛くがテーマです。

■ランチタイム後(15時~)はカフェタイム
「とろなまバウムクーヘン」は、地元の新鮮こだわり卵「ぷりんセス・エッグ」を使用しています。
今までなかった一度で二度美味しいバウムクーヘンで、凍らせて食べたらアイスケーキに。
冷蔵庫で一時間待てば、とろっとろ、ふわふわの食感に。ムースの層とバウムクーヘンの相性は抜群です。
※バウムクーヘンはテイクアウトもございます。

<カフェメニュー自慢の逸品(15時~)>
一番のおすすめは「フレンチブリュレバウム」
日本初!バウムクーヘン×フレンチトースト×クレームブリュレの「ハイブリッドスイーツ」です。
バウムクーヘンを新鮮な卵とミルクを使用した特製シロップに浸し、表面を国産バターでこんがりと焼き上げたフレンチバウムに冷たいバニラアイス、その上からブリュレクリームをのせ、仕上げは「お客様の目の前で」キャラメリゼさせていただきます。インスタ映え抜群の「絶対に食べたいスイーツ」です。動画のご準備をおすすめします。

=============================

店舗名 : &TREE(アンドツリー)
所在地 : 千葉県木更津市下郡1369番1
施設  : 駐車場99台、トイレ18器、農林水産物・加工品等物販施設、
飲食施設、情報発信・観光案内センター、
地域コミュニティスペース、交流・イベント広場
TEL   : 043-853-7155
URL   : http://www.chiba-kisarazu.com

=============================

とうとう10月20日オープンとなりました、木更津市初の「道の駅」その名も「道の駅 うまくたの里」!

実はこの「うまくた(うまぐた)」という地名はかなり古くから使われており、万葉集にもその名前が出てきます。

現在では「うまくた」という地名は残っていませんが駅名に「馬来田(まくた)」という名前が残っています。

この「うまくた」という地域はかなり広い地域だったようで、現在の君津市の一部から袖ケ浦市の一部までを含んでいたようです。

というように、由緒正しい名称を与えられた「道の駅」。木更津市の力の入れようが知られるというものです。

そんな中、「のうえんカフェ」と「せんねんの木」のコラボによる「レストランカフェ」がオープンすることとなりました。地域では有名なこの2店舗は、どちらも若い世代のオーナーが経営をしていて、今までの古いやり方にとらわれない新しいセンスで経営をすることでも有名な店舗で、お互いにいろいろなところで知り合う機会も多く、また、どちらも木更津市と縁が深く市役所や商工会議所などを含んだ交流の中から、この素晴らしいコラボが生まれたようです。

いずれにしても、美味しいスイーツも食べられるレストランカフェが、木更津市初の道の駅に誕生するというのは、それらを利用する私たちにとっても素晴らしいことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です